ツアーオペレーター品質認証制度

English | 繁體中文 | 简体中文 | 한국어

認証資格・費用

ホーム > 認証制度 > 認証資格・費用

品質認証の対象事業者(認証申請資格)について

品質認証の対象は、以下の条件を満たしている事業者です。

≪認証申請資格条件≫

  • 旅行業登録を有していること
  • 訪日観光客向けの旅行手配を行い旅程管理を行うツアーオペレーターであること
  • プライバシーマーク(Pマーク)を取得済であるか、あるいは一年以内に取得予定であること

※プライバシーマークの取得に関しては、これを品質認証の必須条件としていますので、申請の資格条件にも盛り込まれています。

※プライバシーマークの詳細についてはこちらをご参照ください。
 尚、お問い合わせをする場合は「ツアーオペレーター品質認証制度」申請に関する問い合わせであることをお伝えください。

※これからプライバシーマークを取得する場合は、代表者の誓約書の提出が必要となります。

品質認証に要する費用

ツアーオペレーター品質認証には、審査の申請時に「申請料」が、認証された後に「年会費」が必要です。
また、訪日旅行をより一層安心・安全なものとするため、認証を受けた事業者には必ず訪日旅行に関するインバウンド保険に加入していただくことになりました。よって、その保険料が必要になります。
更新時の費用に関しましては申請フロー(更新)をご参照ください。

≪申請料≫

対象: 品質認証審査を申請しようとする事業者

費用: 5万円(税込)

支払方法: 申請フォーマットのページから申請料振込用紙がダウンロードできるようになりますので、その用紙を用いて所定の費用を振り込んでください

≪年会費≫

対象: 認証審査の結果、審査委員会から認証決定の通知を受けた事業者

費用: 3万円(税込)(1年度につき)

支払方法: 認証決定の通知とともに、支払方法についてもご案内します

≪インバウンド保険料≫

対象: 認証審査の結果、審査委員会から認証決定の通知を受けた事業者

※費用等は下記までお問い合わせください。

<お問合せ先>

ツアーオペレーター 品質認証制度事務局
(一般社団法人 日本旅行業協会 国内・訪日旅行推進部内)
Tel:03-3592-1276
営業時間:月~金9:30-17:30
※土・日・祝日および年末年始を除く

申請料および年会費に関する注意点

  • 納入いただいた申請料は、審査の結果如何にかかわらず返金いたしません。
  • 納入いただいた年会費は、年度内に認証の一時停止や取り消しそのほかの措置がとられた場合も一切返金いたしません。
  • 毎年4月~翌年3月を事業年度としていますので、年度の途中に認証された場合(秋に審査を申請し認証された場合など)も、その年度の年会費を全額お支払いただく必要があります。

© JATA. All rights reserved.